ダイエットについて


肥満のメカニズム

肥満のメカニズム、すなわち体重の増減の仕組みはいたってシンプルなものです。

(摂取カロリー)-(消費カロリー)の総和が7700カロリー多ければ1㎏体重が増加し、少なければ1㎏体重が減少します。

摂取カロリー

摂取カロリーは食べたカロリー量そのものです。摂取カロリー量を減らすには、単位重量あたりカロリーが高い脂肪分を減らす事が重要です。炭水化物、タンパク質が1gあたり4カロリーなのに対し、脂肪分(脂質)は1gあたり9カロリーにもなります。例えばチョコレートは脂肪分が多いため、同じ重量の砂糖よりはるかにカロリーが高いのです。

消費カロリー

消費カロリーは、基礎代謝と呼ばれる生命活動に必要なエネルギー消費と、運動によるエネルギー消費の合計になります。

ダイエット外来

当、代官山パークサイドクリニックではダイエット外来に力を入れています。当クリニックで行われている治療を以下に挙げます。

先ず、摂取カロリーに関するものです。人は食物を食べるとカロリーは概ね100%吸収されます。それを一部分でも減らす事が出来れば、摂取カロリーは減少し、体重減少につなげる事が出来ます。摂取カロリー減少に最も効果的な物は、日本人の摂取カロリーの約50%を占める糖質・炭水化物の吸収を抑制する物です。現在、医薬品ではこのカテゴリーの薬は存在しません。

発酵コタラヒム
当クリニックでお勧めしているのは、「発酵コタラヒム」という糖質の吸収抑制作用のあるサプリメントです。これには「宿便」の解消効果もあります。発酵コタラヒムについてはこちらもご覧下さい。
ヤマブシタケ
脂肪分の吸収を抑制する物としては、サプリメントの「ヤマブシタケ」があり、比較的手軽に飲めます。これらのサプリメントは併用が可能です。
サノレックス
その他に、食欲を抑える薬という物も存在します。高度肥満の治療薬として開発された「サノレックス」という医薬品の内服薬です。診察の上で原則3カ月以内の内服治療となります。
消費カロリーを増やす薬
消費カロリーを増やす薬も存在します。

先ずは保険適応のエキス剤の漢方薬である「防風通聖散」です。脂肪細胞である褐色細胞のβ3アドレナリン受容体に作用する事により脂肪燃焼を促進し、基礎代謝を上げ、体重減少効果があります。この漢方も便秘解消の効果を併せ持ちます。他に「大柴胡湯」「防已黄耆湯」を用いる事もあります。
ダイエットに効果的な注射
注射を併用するのも効果抜群です。糖質の燃焼効果を高めるαリポ酸「リポアラン」や脂肪燃焼を高めるLカルニチン「エントミン」は内服薬に較べて絶大な効果が期待できます。
また、運動と併用する事でこれらの効果は倍増します。

ダイエットは個人の体質に合わせた治療を行う事が重要です。当、代官山パークサイドクリニックでは、一人一人の身体的・社会的状況に応じたオーダーメイドの治療をご提案出来ます。是非、お気軽にご相談ください。