放射線障害と漢方薬治療 - 漢方薬の話


誤解を生みやすい内容ですが、少しでも情報は多い方が良いかと思い掲載しております。『放射線障害に効く漢方薬』をご紹介しているものではございませんので、誤解の無いようお読みいただければと思います。

福島第一原子力発電所の事故以来、放射線障害に対して有効な治療方法についての質問を多く受けます。日常生活における注意点などは以前コラムで(※1)書いたのですが、放射線被ばくに対する漢方治療について興味深いものがあったので紹介させて頂きます。

※1コラム「原発事故と放射線の話」

 高度の放射線被爆に対する西洋医学的治療についての文献は数多く存在しますが、いずれの治療も体への負担が比較的大きなものであり(例えば radical scavenger による治療など)、現在の東京での状況の様な『ただちに生命・健康に影響があるレベルではない放射線』に対して適切な西洋医学的治療法はほとんど無いのが実情です。

 では、何か体に無害で有効な治療手段はないのでしょうか?

十全大補湯

1980年代の漢方薬の研究で興味深いものがありました。48番・十全大補湯(ジュウゼンタイホトウ)などと放射線障害についての一連の研究です(主に大阪府立放射線中央研究所による)。これらによると以下の事実が判明したとの事です。

 上記の文献を参考にすると、放射線障害の予防という観点からは十全大補湯が最も有効であるが、放射線障害を生じた部位の修復には小柴胡湯が有効であり、同じ放射線障害に対する漢方治療でも“使い分け”が大切であると考えます。

 放射線障害予防という観点で最も有効な十全大補湯ですが、漢方薬の中でも比較的穏やかな生薬から構成されており、長期間内服しても安心な薬です。十全大補湯は、血を補う『四物湯(シモツトウ)』と、気を補い胃腸を強くする作用のある『四君子湯(シクンシトウ)』が内包されているため“温補気血”の効果を持ちます。長く内服する事により慢性疲労の回復や美肌効果、貧血の改善、冷え症の改善、胃腸の調子の改善、気力の充実などが期待できます。放射能障害を心配されている方は、放射線防護と健康増進を兼ねて十全大補湯を飲んでも良いかもしれません。