漢方薬の話「冷え性に効く漢方」 38番・当帰四逆加呉茱萸生姜湯


「冷え」に著効する漢方薬の話をします。

ツムラやクラシエなどから顆粒の漢方薬としても出ている38番当帰四逆加呉茱萸生姜湯(トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウ)という名前の漢方薬です。この漢方薬の出典は漢時代の「傷寒論」という代表的古典書であり、2000年に渡って処方されてきた薬です。

 漢方は自然の草木や鉱物などの成分である「生薬」を組み合わせて出来ています。当帰四逆加呉茱萸生姜湯は下記の9種類の構成生薬から作られています。

 ・大棗(タイソウ)   :ナツメの成熟した果実
 ・桂皮(ケイヒ)    :乾燥シナモン
 ・芍薬(シャクヤク)  :キンポウゲ科の多年草シャクヤクの根
 ・当帰(トウキ)    :セリ科の多年草トウキの根
 ・木通(モクツウ)   :アケビなどの茎
 ・甘草(カンゾウ)   :マメ科の多年草カンゾウの根
 ・呉茱萸(ゴシュユ)  :ミカン科の植物であるゴシュユの果実の皮
 ・細辛(サイシン)   :ウスバサイシンなどの根、香辛料としても頻用される
・ 生姜(ショウキョウ) :ショウガの根茎

 上記のうち、当帰・桂枝が血行を改善し、芍薬が血行の調整、大棗・甘草が筋肉の緊張をゆるめ、腹痛も和らげます。木通が体の水はけを良くし、細辛・呉茱萸・生姜が体を中から温めます。呉茱萸には胃腸を丈夫にする効果が、生姜には体の中の水のめぐりを良くし、吐き気などを止める作用もあります。

本剤の適応はツムラによると以下となっています。
手足の冷えを感じ、下肢が冷えると下肢または下腹部が痛くなり易いものの次の諸症、しもやけ、頭痛、下腹部痛、腰痛
適応証(体質)は、虚証、寒証

 漢方の用語で「四逆」と言いますが、手足の血行が途絶えて(あくまでも漢方の診断上の概念での血行途絶です。本当に血液が流れなくなった訳ではありません)、そのため足先など四肢末端に著名な冷えが出現します。四逆は冬場の外出時の足先の冷えなどから始まり、次第に慢性的な手足の冷えに発展し、頭痛、吐き気、めまい、腰痛、坐骨神経痛なども引き起こします。
さらに体の中心部まで冷えが伝わると腹痛、腹部膨満感、疲労倦怠感、軽度の腹膜炎を生じます。食事の後いつまでもお腹の中に食べたものが残り、歩くと胃の中でチャポチャポ音がしたりします。冷えが続くと水の代謝も悪化するため、足のむくみ尿量の減少をきたします。冷えはひどくなると人によっては梅雨時でもしもやけを生じ、夏場の冷房でもひどい「四逆」症状を呈します。

冷えは不妊症の原因にもなるため、23番の当帰芍薬散と同様に本剤も不妊治療に用いられています。

冷えは蓄積して行き症状が悪化させるため、早めの漢方内服が効果的です。

 当、代官山パークサイドクリニックでは、この当帰四逆加呉茱萸生姜湯をはじめとした「冷え」に良く効く漢方の治療を行っています。「冷え」でお悩みの方、漢方の興味がお有りの方など、お気軽にご相談ください。