日焼け止め SPF、PPDについて


日焼け止めの強さを示す『SPF値』の真実をご存じですか?

毎年春を過ぎて、日差しが高い時期に差し掛かると、ドラッグストアやコンビニで『SPF50+』や『紫外線を完全バリア!』などという広告を良く目にするようになります。日焼け止めの登場ですね。
近年は、技術の向上により、非常に強いバリア機能を有した高SPF値の製品でも、昔のように肌荒れを引き起こしたりすることは少なくなりました。誰でもより効果的に夏の紫外線を防護することが出来るようになってきたと言うことですね。
SPF値とは、前コラム(UVAとUVBのお話し)で紹介した、UVBの防護効果を示した数値です。SPF値が高いほどUVBを防護し、夏の日差しによる日焼け、特にヒリヒリしたり、赤く火傷のようになる現象『サンバーン』を防ぐ効果があります。夏の間、屋外で活動する際は、肌を紫外線の影響から守るために、SPF値の高い日焼け止めは必需品といえます。とくにUVBは肌表面に大きなダメージを与え、発癌の危険性も指摘されているため、日頃から屋外で多く活動される方は、医師として使用を強く進めています。

SPF値が高いからといって、薄く塗ってしまってはあまり効果がありません。紫外線をがっちり防御したい場合は、いつもより多めに塗るくらいでなければなりません。塗ったところが白くなりすぎないように、出来るだけ多く塗り、また海水浴やプールなどでは洗い流されてしまいますので、水にはいった後や、汗を多くかいた後なども、こまめに塗り直しが必要です。しっかりとUVB対策を行いレジャー後のヒリヒリや痛みをしっかり予防しましょう。

しかし、ここで知っておかなければならないのは、高いSPF値の日焼け止めを使っても、UVAは防御できていないということです。ただ、ヒリヒリや痛みを抑えたいだけならばUVBを防御するだけでも問題ないのですが、特に女性は、シミやしわなどの光老化現象もしっかりと防ぎたいのではないでしょうか。それならばSPF値が高いだけでなく、しっかりとUVAを防護してくれる日焼け止めを選ばなければなりません。

女性は特に注目して下さい!UVA防護するにはPA+++

女性の多くは、日焼けにより赤くなったりヒリヒリしたりすることよりも、どちらかと言えば紫外線による”しみ”や”しわ”などの光老化を気にされる方が多いのではないでしょうか?もしそうであれば、光老化の原因はUVAです。日焼け止めを選ぶ際に重要なのは高SPF値だけでなく、UVAの防御機能を示したPA値の高い日焼け止めを選ばなければなりません。

UVAを防御するためにはSPF値が高いだけでは効果はありません。SPF値はあくまでUVBの防護機能の指標であり、SPF値が高くてもUVAを防護することはできません!
日焼けして赤くなることを防ぐ事はとても重要ですが、後から現れてくる光老化現象を防いでくれなければ、女性の肌にとってはあまり意味がないのではないかとも私は考えています。

ではUVAの防御機能を示すPA値とはなんでしょうか?

あまり知られていないのではないかと思います。最近はWeb広告でやっと見かけるようになりました。が、お店の商品陳列や販促広告をみても、このPA値のことを大きく取り上げたり、わかりやすく説明したりしているところは少ないように思えます。当クリニックの女性スタッフも、このPA値やUVA防護に対する知識は低いものがありました。

PAは『Protection grade of UVA』の略だそうで、まさに直球でUVAの防御機能を示した数値といえます。PA+からPA+++までの3段階で示され、勿論PA+++がもっともUVA防護に優れています。
今年から、特に女性は、日焼け止めを選ぶ際の基準にこのUVA防御機能の強いPA+++のものを選ばれてはいかがでしょうか。お肌を白く、若々しく、健康に保つためにはしっかりとUVAを防護しましょう。

女性ならさらに知っておきたい!PA+++のこと

前項でさんざんPA+++を勧めましたが、実は同じPA+++の商品のなかでも、UVAの防護能力にはかなり差があります。PA+++の日焼け止めを使用しても、UVAを効果的に防御出来ていない場合があるのです。失敗しないUVAケア・美肌対策には、より深い知識が必要です。
なぜ同じPA+++でも、それだけ差があるのでしょうか。その理由には『PPD』という数値が深く関わってきます。これまでご紹介してきたPA値ですが、これは日本独自の企画であり、欧州などでUVAを効果的の防御機能を表すのはPPDという値になります。PA値とPPD値の関係を表すと以下の様になります。

これを見ればわかるように、PPD値が8以上であれば、全てPA+++と表記されています。
勿論PPDの数値が高ければUVAの防御効果は高い訳ですので、同じPA+++でも防御機能に違いが出るわけです。
下記の画像は、PPD9の製品と、PPD30の製品を比べた写真です。(参考出展)
ppd30_03.gif
SPF50+ PPD30 (PA+++)
ppd8_03.gif
SPF50+ PPD8 (PA+++)
同じPA+++の日焼け止めでもPPD値に大きな差があるため、UVAの防御機能にも大幅な違いが生じます。これは白色人種の皮膚の変化を見たデータですので、黄色人種である我々日本人にはそのまま当てはまらないという意見もありますが、美肌を気にする女性の多くは、少しでも『しみ・しわ』を防ぎたいという気持ちが強いと考えられますので、私はPA+++の日焼け止めの中でも、出来るだけPPD値の高いものを選ぶことを強くお勧めしています。また、製品の中にはPPDを表記していないものが多くあります。そこも商品選びではポイントになりますね。しっかりとPPDを表記しているものを選びましょう。

美肌維持には一年通してのUVAケアが必要です。

前述しましたが、女性のお肌の大敵UVAは、夏だけでなく冬でも日差しの強い晴れた日には多く地表に届いています。しかし、多くの女性は冬の間UVケアにあまり関心ないのではないでしょうか。その点もUVAがお肌の大敵である一つの要因です。

美肌を意識している方にとって、冬の間であっても、たとえ肌が赤く黒くなることはなくても、シミやしわの原因となるだけのUVAを浴びているという認識は大切です。一年を通して、ある程度のUVAケアは必要だと、今回を機に知っていただきたいと考えております。
一年中使うとなると、使用する日焼け止めも肌に優しい商品を選ぶべきです。等クリニックではラ・ロッシュ・ポゼのUVイデアシリーズをお薦めしています。
詳しい内容は割愛いたしますが、フランスで皮膚科の治療に使われる『ターマルウォーター』をベースに作られているため敏感肌の方でも使用でき、且つPPD18なので、PA+++の中でも比較的高いUVAバリア機能を有しています。
女性の紫外線対策の強い味方になる商品だと思います。これを機に、UVケアならぬUVAケアを始めてみてはいかがでしょうか。