HOME > 診療案内 > 一般内科外来 > 更年期障害治療のご案内

更年期障害

更年期障害は、外から目に見える病気ではありません。その症状はどんな方にも感じられるとても日常的なものばかりです。
スタートはほんの僅かな変化でも「最近疲れているのかなぁ?」と気にせずにいると、徐々に症状が重くなり、日常生活に支障がでてしまうことがあります。症状が出ていても、それを更年期障害だと気が付かずに、無理して我慢している女性も数多くいらっしゃいます。20代・30代の女性でも、仕事や家事のストレスでホルモンバランスを崩せば、更年期障害と同じ症状が現れることがあります。

一般的には女性は40代半ばから徐々にエストロゲンプロゲステロンなどの女性ホルモンが減少し、50歳前後で閉経を迎えます。しかし、身体は女性ホルモンを欲しているため脳下垂体から性腺刺激ホルモンが活発に分泌されます。
刺激ホルモンの分泌にも関わらず女性ホルモンが低いレベルにとどまるため、結果としてホルモンバランスが崩れ様々な症状が起こります。
更年期障害の症状は多岐に渡りますが、専用のチェックリスト - SMIスコアで更年期の程度を把握する事が出来ます。

また、最近は30歳代でもストレス無理なダイエットのため女性ホルモンのバランスが乱れ、早期に更年期障害の症状、所見を呈する人も増えている様です。

まずはセルフチェックからはじめましょう

更年期症状の始まりは何かしらのサインがあります。もし、体の不調を感じたり、「これって更年期症状かな?」と少しでも感じたら、まずはご自分でチェックシート - SMIスコアでセルフチェックしてみることをお勧めいたします。

つらい症状も更年期障害の治療で改善する事があります。

自分ひとりで悩まずに、医師に相談することで楽しい生活を取り戻すことが可能なのです。
セルフチェックシート(SMIスコア)はこちらからダウンロードしてください

当クリニックの更年期障害 治療内容

日常の生活指導に始まる一般的な注意事項から下記の各種治療まで幅広く対応可能です。
お気軽にご相談下さい。

漢方薬処方
ツムラ、クラシエ、オースギなど保険適応の漢方薬を患者様の体質に合せて処方します。
ホルモン補充療法
上記の漢方治療の効果が不十分である場合などに女性ホルモンの投与を行います。
従来の内服や注射によるホルモン治療に加えて、貼付剤(エストラーナテープなど)による副作用の少ないホルモン補充療法を行っております。
運動指導
適度な運動は更年期症状を軽減させます。日本体育協会公認スポーツドクターとして、適切な運動処方を致します。
プラセンタ注射
プラセンタには、女性ホルモンの分泌をコントロールし症状を軽減させる効果があり、副作用はほとんどありません。また美肌・美白効果や健康維持などのアンチエイジング効果も期待できます。
更年期障害のうち条件を満たした方はプラセンタが保険適応となります。詳しくはクリニックにお問い合わせください。
ご夫婦で受診いただける更年期外来
当、代官山パークサイドクリニックでは、おひとりでも、またご夫婦でも気軽に受診できる更年期相談を行っております。ぜひお気軽にご連絡ください。

院長 岡宮裕によるコラム「更年期障害・月経にまつわる諸症状」も是非ご覧ください。