HOME > 診療案内 > 漢方内科外来 > 不眠・イライラ・ストレスのための漢方外来

不眠・イライラ・ストレスのための漢方外来

不眠・イライラ・ストレスには 効果的な漢方薬治療があります

日本人の国民病とも言われる『不眠やストレス』
年齢や性別、職種を問わず、差はあれど多くの方が症状に悩まされています。 ・夜眠れない、寝つきが悪い、眠りが浅く寝た気がしないという不眠の症状 ・小さなことでイライラする、理由もないのにイライラするなどのストレス症状 ・クヨクヨして眠れない、イライラして眠れないなどの神経症状 実はこれらの症状には漢方薬治療が効果的なのです。

なぜ不眠・イライラ・ストレスに漢方薬なのか?

東洋医学では、五臓のうち『肝』がストレスに関係していると考えられています。
「肝」は感情をコントロールしているとされており、ストレスがかかると「肝」の気の流れが乱れ『神経』が高ぶった状態となります。
このように「肝」の乱れが「神経」の高ぶりへと繋がることで、不眠・イライラの症状が出てくると考えられるため、「肝」のバランスを整え「神経」を静める作用がある漢方薬によって、これらの症状を改善する事が可能です。
また、漢方薬を使った治療の特徴は、心身のバランスを整える事にあるため、不眠・イライラ以外の症状も押え、リズムの良い落ち着いた日常をもたらしてくれることが期待できます。

その方の証(体質)に適した漢方薬を処方します

不眠やイライラに効く漢方薬といっても、一つだけではありません。
例えば、なんだか眠れないからといって、誰しもが『抑肝散』を飲んでも効くわけではありません。専門医の診断のもと、適切な漢方薬を服用しなければ、効果はありません。

当院では同じ症状をお持ちの方であっても、同じ漢方薬を処方するとは限りません。その方の証(体質)にあった漢方薬を処方しています。また、漢方薬だけでは効果が弱いと思われる患者様には、漢方薬以外のお薬や治療を併用することもあります。その患者様にはどのような治療を行うのが最適なのかを常に考えながら治療方針を立てていくのが当院の特徴です。

  
抑肝散
コラムページはこちら
よくかんさん その名のとおり、肝の高ぶり抑えることで、高ぶった神経を鎮める作用がある漢方薬です。イライラ、怒りやすいといった精神神経症状を改善し、またイライラや興奮で眠れないときに効果的です。服用すると興奮や緊張が取れて気が落ち着きます。
抑肝散加陳皮半夏 よくかんさんかちんぴはんげ イライラや不眠などの精神神経症状があり、虚弱な体質な方に適用します。神経の高ぶりを抑え、筋肉のこわばり、つっぱりをゆるめて、心と体の状態をよくします。抑肝散に比べ、より体力が低下して症状が慢性化している人に適します。
加味帰脾湯 かみきひとう 精神的ストレスによる憂うつ症状や不安感を改善し、鎮静効果があり、云わば『クヨクヨ』に効果がある漢方薬です。クヨクヨと色々不安で眠れない方に効果的です。ガッチリした人ではなく、体が細くて血の巡りが悪い人に対して適用されます。
加味逍遥散
コラムページはこちら
かみしょうようさん ホルモンのバランスを整える効果が期待できるので、女性の更年期障害による症状、体が疲れやすく、イライラや不安感を伴うときに効果的です。女性の更年期障害に伴う冷え、不眠、神経症などにも好適です。
半夏厚朴湯 はんげこうぼくとう 睡眠に入る際、のどや胸につっかえた感の違和感を感じる方、胸の苦しさや動機などで眠れない方に効果のある漢方薬です。不安感や緊張感、イライラ、抑うつ、不眠、神経性の胃炎や動悸、めまいにも適用します。
酸棗仁湯 さんそうにんとう 日々の生活リズムが崩壊し、そのため体力が衰え、心身が疲労して眠れないという人に適用しています。夜になると眠れなくなる方の神経の働きを鎮める作用があり、精神不安や神経過敏などの精神疾患を改善させ、不眠症に好適があります。
桂枝加竜骨牡蛎湯 けいしかりゅうこつぼれいとう 日々のストレスが酷く、そのために精神的なバランスが崩れてしまった方に処方します。ストレスが主な原因の神経症、不眠症、うつ病などの症状を軽減します。また精神面が関与する動悸や性的機能の低下にも効果を示します。男性更年期障害『LOH症候群』の治療にも用いる漢方薬です。

*女性の更年期障害についてはこちらのページもご覧下さい。
*男性の更年期障害【LOH症候群】についてはこちらのページもご覧ください。

まずはご相談にいらしてください

当クリニックでは開業以来、上記のような症状をお持ちの患者様が多数ご来院され、多くの方より症状が軽くなった、気持ちが楽になったなどのお声を頂いております。
当院では、患者様のお話にゆっくりと耳を傾けることに重きをおいており、一人一人に最適な治療法をご提案する事を診療の基本としております。 気軽に相談できる、敷居の低い漢方薬外来を目指し、日々多くの患者様を診療しております。
まずは一度ご来院頂き、つらい症状にやさしく効く漢方薬についてご相談ください。

漢方内科外来

お気軽にお問い合わせ・ご来院ください。

漢方薬を活用した専門外来のページもご覧ください。