葛根湯ってどんな漢方?

葛根湯というと、“風邪(感冒)をひいたときに飲む漢方”というイメージがあります。
もちろん、感冒にも良く効くのですが、実は、保険適応になるものだけでも次のような疾患に効果的です。

肩こり,頭痛,寒気(感冒以外でも),結膜炎,角膜炎,中耳炎
扁桃腺炎,乳腺炎,リンパ節炎,神経痛,じんましん

他にも、あっと驚く疾患や症状にも効く場合があります。また、感冒の際の葛根湯には驚くほどの即効性や他の症状への波及効果もあります。奥が深い、葛根湯について説明します。

「葛根湯」の成分は

葛根湯は、2000年近く前にまとめられた漢方の原典とも言うべき、「傷寒論(しょうかんろん)」、「金匱要略(きんきようりゃく)」にも収載されている、最古の漢方薬の一つです。
「葛根湯」は、下記の7種類の生薬より構成されています。
葛根:体表の邪熱を発汗清熱する作用
麻黄:発汗解表
桂枝:シナモン。発汗作用。麻黄との組み合わせで発汗の相乗効果が見込める。
芍薬:筋肉の緊張の緩和。過剰発汗を抑制する。
大棗:ナツメ。脾胃を補う。身体の緊張を緩和する。
生姜:ショウガ。解表作用。脾胃を補う。嘔気を止める。
甘草:上記の生薬の調整を司る。

お気軽に
お問い合わせください

診療時間 午前10時-14時 / 午後16時-19時[水・土休診]
※金曜は21時まで診療

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です