風しんの抗体検査・予防接種を受けましょう


日本では、2018年から風しんの感染が続いております。
風しんは感染力が強く、成人がかかると症状が重くなる事があります。
男性が罹患しパートナーが妊娠した場合、また妊娠初期の女性に感染した場合、お腹の中の赤ちゃんに大きな影響を与えてしまう可能性があります。
抗体検査を受け、抗体価が少なかった場合には、予防接種を受ける事をおすすめいたします。

当院でも風しんの抗体検査・予防接種を受け付けております。(自費でのご対応となります。)
ご予約制となりますので、事前にお電話もしくは仮予約フォームにてお問合せください。
(風しん単体ワクチン・MRワクチン(麻疹・風疹混合ワクチン)があります。
風しん単体のワクチンは数に限りがございますので、お早目にご連絡ください。)

 

~助成で抗体検査・接種が受ける事ができます(下記条件があります)~
☆これまでに風しんにかかる予防接種を公的に受ける機会がなかった☆
昭和37年4月2日~昭和54年4月1日までの間に生まれた男性を対象とした「風しんの追加接種対策」を実施しています。(該当の方には市区町村からクーポンが届きます。)
【厚生労働省HP】
風しんの追加的対策について

また、クーポンを送られてきていない方でも、渋谷区にお住まいの方(住民票があるかた)で対象となる方は、全額助成で受けられます。
詳しくは、渋谷区のHPをご覧ください
【渋谷区風しん抗体検査】
風しん抗体検査が無料で受けられます | 渋谷区公式サイト

【渋谷区風しん予防接種】
風しん抗体価の低い人のための麻しん・風しん予防接種の費用全額助成 | 渋谷区公式サイト
助成で接種を受ける際は、抗体検査(採血)の実施後、抗体価が規定数値に満たなかった場合にワクチン接種可能となります。