ごあいさつ

院長の岡宮 裕と申します。
2009年8月に縁あって代官山の地に内科医院を開院させて頂きました。
私の目指す医療は『自分自身が受けたい治療を患者様にも行うこと』『体に負担の少ない、一人一人に最適な治療』を行うことです。そのためには先ず、どんな事でも気軽に相談できるアットホームな雰囲気を持つクリニックとする事。そして実際の診療の場に於いては、病状や治療方針を患者様に十分に説明したうえで、納得のいく治療を受けて頂くという事が重要と考えております。

治療の方針

副作用の少ない体に優しい治療を行う。
しかし、必要なときは即効性のある治療を選択する。
という臨機応変の治療を心がけております。
その理想を実現するために私は一般的な内服治療に加え、漢方薬を組み合わせた治療を取り入れております。
また、スポーツドクター活動も行っており、東京都アーチェリー協会にて、メディカル部門の現場監修や、日本体育協会においてスポーツドクターなどを勤めております。
日常診療の運動療法から本格的なアスリート支援まで幅広くご相談頂けます。当クリニックは『皆様のかかりつけ医』を目指します。どうぞお気軽にご来院下さい。

 院長: 岡宮 裕

1962年 東京都生まれ

1990年 杏林大学医学部 卒業
慶応義塾大学腎臓内分泌代謝内科に入局。腎臓病・高血圧・糖尿病などの診療に従事した後、横浜市立市民病院・静岡赤十字病院・練馬総合病院などに勤務し、血液内科やアレルギー疾患など幅広い医療に従事。
またその後は、代々木上原の 吉田クリニック で患者様と共に歩む一般内科全般のみならずプラセンタ注射を使った胎盤療法など、様々な領域についても研鑽を重ねる。

2009年8月 代官山パークサイドクリニック 開業
これまでの臨床経験を活かし、勤務医時代に縁のある渋谷区に開業。
自身の理念でもある『体に負担の少ない、一人一人に最適な治療』をモットーに、患者様の症状やニーズにじっくりと耳を傾けながら診療を行っている。

2011年4月 海外渡航前医療センター 開設
予防医療も大切にする考えのもと開設。
渡航者の海外・国内での健康・安全を守るべく診療中。

※日本のスポーツ界の発展に貢献できればとの思いから、スポーツドクターとしても活動。
東京都アーチェリー協会にて、メディカル部門の現場監修や、日本体育協会にてスポーツドクターを勤め、多くのアスリートの健康サポートを行なっている。

また2020年東京オリンピックにおいて、アーチェリー・アスリート メディカル スーパーバイザーに就任。

趣味 :
スポーツ観戦(特に サッカー)ペレのサイン入りユニフォームは家宝
旅行(国内外問わず)
お酒(特に ワイン・ウイスキー)独特な知識とセンスで、ワイン会も開催)
愛犬(椛)ヨークシャテリア


 医師: 仁藤 裕子

1995年
聖マリアンナ医科大学 卒業
1995年
JR東京総合病院内科 勤務
1997年
JR東京総合病院内科 神経・血液・内分泌内科 勤務
2001年
聖マリアンナ医科大学博士号取得
2019年
代官山パークサイドクリニック 勤務

仁藤先生からのコメント

平成31年1月より火曜日を担当しています。
専門は、生活習慣病といわれる糖尿病・脂質異常症・高尿酸血症(痛風)・甲状腺疾患(バセドウ氏病、橋本病等)と蕁麻疹・帯状疱疹・ざ瘡(ニキビ)を治療しています。
一人一人に最適な治療を心がけています。
何か心配な事や疑問等がありましたら、お気軽に診察時にご相談下さい。

所属学会

  • 日本内科学会
  • 日本産業衛生学会
  • 日本衛生学会
  • 日本リウマチ学会
  • 日本内分泌学会
  • 日本糖尿病学会
  • 日本胸部疾患学会
  • 交通医学会

専門:一般内科・内分泌内科・漢方内科